遺族にかかる税金

身内に財産を持っている人が亡くなると、その財産は家族に分割されます。 財産の分割に関しては、法律によってどのような割合で分割がされるのかが明確に記されているため、その通りに分割しなくてはいけません。 基本的に、こうした相続権は、身内が亡くなるのと同時に付与されることになります。相続権は民法上の権利であるため、付与されたときには必ず権利をどのようにするのかを決めなくてはいけません。 実際に相続権を行使するときには、身内に家族がいる場合にはその家族と協議をして同意を得る必要があります。 同意を得ずに相続権を行使すると法的には正しくその利用ができていないと見なされることもあるため、利用するときにはその点だけ気をつける必要があるのです。

相続で財産を継承するとは言っても、その財産を単独所有とするためにはその宣言をしなくてはいけないため、必ず民法上の規定に従って単独所有を宣言しなくてはいけません。 そうしないと、せっかく相続によって得た財産を一人で利用することができなくなってしまいます。 民法に書かれている法定相続というのは、単独所有をする場合の割合であるため単純に身内が亡くなった場合でそのまま権利を放置していると、遺された遺産は遺された家族の共有財産となってしまいます。 共有財産から単独所有として財産を継承するためには、必ず本人が持っている相続権を行使して引継ぎの手続きをする必要があるのです。 だからこそ、遺産の相続によって単独所有の継承を望む人は多いのです。